突然発表..紀子さまによる言論弾圧工作に岸田首相が喝!放った言葉がド正論すぎる!秋篠宮さまも同罪!明らかな世論誘導に捜査のメスが…小室圭氏は調子にのって眞子さんと皇室に迷惑を…

こんにちは。 先月3度目の挑戦にしてNY州の司法試験に合格した小室圭さんですが、 祝福を述べた報道陣を無視したことが再び物議を醸しています。そればかりか、 秋篠宮家の紀子さまが小室夫妻の評判を良くしようと、 某ニュースサイトに『あるエ作』 を行ったようなのですが…。 いったいどういうことでしょうか。今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、 紹介と詳しい解説をしていきます。 まず1つ目は、 小室圭さんに関する話題をお届けします。

ここからは一部引用を含みます。 さで 先月無事に司法試験に合格した小室圭さんですが、 取材のため直接現地に赴た週刊誌フライデーの担当記者はそこで驚きの光景を目の当たりにしたと、 次のように述べています。 「当日は私の他にも各種メディアや報道陣が駆け付けていましたが、 まずは祝意を述べようとしたんです。このたびはおめでとうございますという風に。 小室圭さんは自慢のングヘアーをちょんまげ風に束ね、 スーツ姿にノーネクタイ。 シャツの胸元はざっくりと開けて、ワイルドに颯爽と歩いていましたよ。

私の質問に対しどのようなお返事をもらえるか楽しみにしていたのですが、 結果的には残念ながらすべて無視されてしまいました。耳にはイヤホンをつけていましたが、 見えていない訳はなく、 イヤホンを取ろうとも話そうともしない姿には何か強い意志を感じましたよ
実は、 このガン無視はこれが初めてではないのです。 昨年9月、 眞子さんと結婚する前もニューヨークでフジテレビのカメラに直撃されたのですが、

このときもイヤホンをしたまま、 一瞥もくれずに記者をガン無視。 片手はポケットに突っ込んだまま歩いていった姿は、 多くの方もご覧になったのではないでしょうか。案の定この時も、 翌月に皇族を妻にする人の態度ではないのではと批判を浴びました。 その後は眞子さまに苦言を呈されたのか、軽い会釈などをするようになったのですが…。

帰国後に結婚してまたアメリカに出発するまでは愛想よくしていたのですが、 ここにきて再びあのガン無視が復活するとは意外でした。 確かにTV局などはお二人に迷惑をかけないよう、代理人を通じて協定のようなものを結んでいたのですが。しかし、 合格後に正面から取材を申し込んでも小室圭さんは取材に応じるつもりはないと断ってきたので、 もはや協定の意味はないとして直撃したんです。

とはいっても今回の直撃も迷惑にならないよう、 各局で協力して
代表カメラと記者だけで取材にあたり、 映像を分け合ったんです。
各局の映像が同じだったのはそういう理由からです。 彼はマスコミ嫌いをあからさまに態度に出していますが、 眞子さんのイメージまでもが悪くならないか心配ですね。

元皇族とはいえ、 天皇家と親戚であることには変わりないはず。
会釈したり、 一言ありがとうございますといえばすべて丸く収まっていたはずが、大人げない態度と思われても仕方ないのではと思ってしまいますよ。 どんなときでも国民に寄り添ってこられた、 皇族の品位を汚すことにならないかと心配ですね」以上が1つ目の記事の内容です。

小室圭さんは、 司法試験に合格したから文句を言われる筋合いはないし、 一般人だから答える義理もないと思っているのかもしれませんね。 本当の人柄が出ている気がしますよ。しかしながら、 ロイヤルファミリーの末席に連なる者として、この態度はどういう料簡なのかと疑わざるを得ませんね。 では2つ目の記事に移ります。 さて、 先月の21日に小室圭さんの3度目のNY州司法試験の結果が発表され、
見事合格したことが明らかになりました。

これにより、 今後小室圭さんは勤務しているサンドラー法律事務所にて正式に弁護士として雇用されることとなり年収は2000万円以上となるのではないかと予想されています。 これまで日本政府などから膨大な支援を受け続けていたにも関わらず、 司法試験に2度連続で失敗し、金銭的にも政府や皇室からの援助に頼り切っていた小室圭さん。今回見事試験に合格し、

経済的にも税金に頼らす自立可能な状態となったことを祝福する声が上がるかと思いきや、 多くの人々はこうした経緯に関して複雑な思いを抱いているようです。 実際にニュースサイトのコメト欄では、これまでの経緯などについて批判する辛辣な意見が数多く書き込まれています。そんな状況の中、 Twitter等のSNS ではNHKが最初に速報で試験合格を報道したことや、 ヤフーニュースに掲載された記事のコメント欄に、

大量の同一のコメントが書き込まれたことに関して、 小室圭の合格の祝福コメントが全て同じコメントで埋め尽くされているw』『コメントも買収されているのかw用意周到やな。 おすすめ順が全部同じ やんw』『数年前まで壮絶だった雅子さま敬宮さまバッシングの際のヤフコメもこんな感じで、同じ文章でした』 このように、 コメント欄に対して問題視する意見も数多く書き込まれている状況です。

さらに、 こうした不自然なコメントに関して内情に詳しい秋篠宮家関係者は、 次のように語ってくれました。「ヤフーニュースのコメント欄、 通称ヤフコメに関してですが、 最近では遂に紀子さまが本腰を入れて、 世論誘導の工作に乗り出そうとしているようです。つい先日、 コメントを書き込むためにメールアドレスの登録が必須
となることが発表されたのですが···。

 

Leave a Reply