小室圭さん!”破産” 確定!皆様へ

 

小室圭さんNY州司法試験不合格で事務所から解雇の可能性!無職カップルとなり、強制帰国後実家の援助に寄生の可能性

まだ不合格だけの方が報道的には軽くなるし受験資格が無いだったらさすがに大問題になりますからね。秋篠宮さまに司法試験は大丈夫ですと答えてそれが嘘だったとバレるわけですからね。

そもそもアメリカの司法試験の合格率が高いのはそもそも入学する前にLSATの試験を受けてそれで合格点を取った学生しかいないからその時点で優秀な学生なんですよね。

200点満点中160点以上で合格した優秀な学生しかいないはずなのにそこに試験すら人生で受けたことがない学生がいきなり司法試験なんて受かるわけがないんですよね。

まぁただこのフォーダム大学の卒業もそうだけども入学資格がそもそもなかったのではないかということでアメリカやイギリスの法曹関係から問い合わせが殺到して今大変なことになっているらしいですけどね。

小室圭の場合は三菱UFJ銀行に入社した時点からかなり皇室特権の疑惑がもたれていますよね。通常であれば4月入社しか受け付けていない三菱UFJがなぜか7月入社でしかもエリート支店に配属ですからね。

まぁこの時国際基督教大学の卒業証明書を提出していなかったということも言われていますよね。高裁から10年ぐらいなりますがこの間に税金がいくら使われたんでしょうね。

小室家のマンションだけでも警備費用が5億円以上使われているようだし生活基盤整ったと嘘をついて結婚して国外逃亡してさらに外務省にお金をたかってこれがバレたらどんな罪になるんでしょうね。

まぁそもそも秋篠宮家も天皇の血が流れていないといわれているわけだから皇族でもない眞子さんとその旦那に税金が投入されているわけですからね。しかもその皇族の数々の疑惑ももみ消されてそこにも多額の税金が投入されたんでしょうね。

ちなみに女性セブンでは小室圭のことで次の不正を予言していましたね。小室圭は司法試験で不合格が確実視されていてビザが今年の5月から7月に切れます。

そこでニューヨークに滞在するにはビザを取得しなければいけないわけです。ただもう学生ではないから就労ビザが必要なわけですね。でもビザは司法試験に落ちると絶望なわけです。

ただ小室圭は奥野総合法律事務所の口添えがあれば働き口には苦労しないと考えているようです。でも職を転々とするのは嫌なようです。だから首にならないように外務省に俺を社長にしろと要求しているようですね。

だから司法試験に受かって弁護士になるという道はすでに放棄しているようです。ただ社長とまで言わなくても国連組織など国際的な組織とか慈善団体の要職に就けばビザも心配ないだろうと考えているようです。

これに外務省が振り回されているようですね。眞子さんが元皇族ということでなぜかいまだに皇室特権が発動しているようです。皇室縁故があればこのニューヨークでの生活が永遠に続くと認識しているようです。

もう強制送還してくれと言いたいところですが日本医帰ってきて税金生活されるのも迷惑ですよね。勲章貰った南米とかタイあたりにいってもらうか日本で税金生活するなら尖閣諸島や竹島や北方領土ぐらいしか二人の住める場所はないですね。

小室圭さんが2度目の司法試験にも不合格

今年2月に、NY州の司法試験を受験したと報じられていた小室圭さんですが、昨日14日に合格結果が受験生らに通知され、本日15日に一般に公開されました。結果は、不合格とのこと。

2月にNY州司法試験が行われた際には、ネット上で、「小室圭さんは、実際には試験を受けていないのではないか?」といった噂もなされました。今となっては、そうした噂の真偽は確認のしようがありませんが、ともあれ、今回の試験でも合格することができなかったのは確かなようです。

秋篠宮家の長女・眞子さんと、去年、結婚した小室圭さんが、今年2月に受けたニューヨーク州の司法試験の結果が発表された。

現地の司法試験委員会が、さきほど合格者の一覧をHPに掲載。小室さんの名前は確認できておらず、合否は分かっていない。

小室さんは、去年7月、ニューヨーク州の司法試験を受けたが不合格となった。その後、眞子さんと結婚し、去年11月からはニューヨークで新しい生活を始めていた。この間、地元の法律事務所で働いていた小室さんは、今年2月、司法試験に再挑戦していた。

現在、このように、マスコミ報道では、「合否は分かっていない」などと報じられていますが、合格発表者の記載漏れでもない限り、不合格であることは確定しています。なぜ、マスコミがこうした混乱を招く報じ方をしているのかはよく分かりませんが、おそらく秋篠宮家に対して忖度しているのでしょう。

今回の小室圭さんの司法試験不合格のニュースはネット上でも大変話題となり、Twitterでは、久しぶりに小室圭さんの名前がトレンド入りすることとなりました。また、ネットニュースなどでは、批判的なコメントが数多く書き込まれているようですね。

このところ権力やお金による「ごり押し」「何でもあり」「官民によるコネや忖度」のニュースが続き、一体日本はどうなってしまうんだろう、と気持ちがざわついていたけれど、流石にアメリカの司法界にそれは効かなかったんですね。正義がそこにあってホッとしました。

これからは能力の範囲内で職を見つけ、コツコツ働き家族を養っていってください。

日本の司法試験に合格してから、受験すれば?司法試験の予備試験は誰でも受験可能。

大学院修士課程修了程度の試験。普通、毎日12時間2年間勉強すれば合格できます。

何故、日本の司法試験、予備試験、法科大学院を受験されない?理由を知りたいです。

フォーダム大の学年に一人しか貰えない最優秀の奨学金もらっていたのですよね…その大学卒業者の合格率は90%というのに。選考基準をしりたい。

普通はたとえ高学歴でも30歳にもなって真面目な職にも就いていないようじゃ、上場するような企業では先ず採ってもらえることはないだろう。それが今の日本社会の現実、もちろんその現実からかけ離れた枠にいるお人だから関係ないのかも知れんが、それでもこの先どうするんだろう…?

マスコミは責任重大?

小室圭さんが、NY州司法試験を初受験した際には、フォーダム大学で特別奨学金を獲得したことや、論文コンペで優勝したことなどから、マスコミでも「小室圭さんは非常に優秀」「NY州司法試験は、それほど難易度が高くないので合格はほぼ確実」などと報じられていました。

ですが、蓋を開けてみれば、この結果です。ネット上では、小室圭さんは、眞子さんのお金や国民の税金にたかる無能な寄生虫といった評価でしたが、現状を見れば、如何にマスコミが小室圭さんを過大評価していたかがよく分かります。

「小室圭さんは優秀」との報道を繰り返し、国民が少しでも結婚賛成となるよう世論を煽り続けたマスメディアの責任は重いと言わざるを得ないでしょう。

小室夫妻、強制帰国の可能性も

今回の試験不合格により、小室圭さんと眞子さんのNY生活も窮地に陥ることとなります。「週刊女性」(2022年3月8日号)は、小室圭さんが2度目の司法試験にも不合格となった場合、職場を解雇され、眞子さんとともに日本に強制帰国させられる可能性もあると報じていました。

「NYでの再起を誓った小室さんは、法務助手の仕事をこなしながら、受験勉強に取り組んできたといいます」(皇室ジャーナリスト、以下同)

今回こそは、是が非でも合格する必要がある。

「再び不合格となれば、雇用やビザの問題が生じます。勤務先は、司法試験に合格する前提で彼を受け入れたはずですから“弁護士になれないなら必要ない”と解雇されるという見方が強いです」

最悪の場合、強制帰国を余儀なくされる可能性もある。

「小室さんは現在、学生ビザを1年間延長できる『OPT制度』を利用して米国に滞在しているとみられます。OPTのルールに基づけば、遅くとも今年7月にはビザの期限が切れてしまうのです」

絶体絶命の小室さんに残された道は合格のみ。

また、現在では、眞子さんがメトロポリタン美術館(MET)に就職する可能性も取り沙汰され、芸術や科学などの分野で卓越した能力があると認められた人が得られる『O-1ビザ』(通称・アーティストビザ)を取得するのではないか?とも報じられていますが、どうやらそれも難しそうです。

「METは、昨年、コロナウィルスの影響により来場者数が激減したため、150億円ほどの赤字を計上することとなりました。

そこで、外務省や宮内庁は、ある意味で、足元をみるようなかたちで、1億円程度の寄付を行う代わりに眞子さんをMETに就職させるよう要求していたようなのですが、実は、すでにMETは資金調達を行い、美術館存続の目途が立っているようなのですね。

というのも、昨年11月に、上海出身の中国系アメリカ人の富豪で、資産管理会社Reich&Tangの共同設立者であるオスカー・タンさんと妻のアグネスさんは、METに約156億円を寄付してしまったのです。

こうなってしまえば、せいぜい数億円程度しか寄付することのできない秋篠宮家の眞子さんなどMETからすれば用済みなわけなのですね。

当初、METに就職が内定しているとも報じられていた眞子さんが、無償のボランティアスタッフとして活動しているのもおそらくそのためでしょう。

眞子さんのMET就職からの『O-1ビザ』獲得というのは、小室圭さんが2度目の司法試験にも不合格となった場合の奥の手だったのでしょうが、見事にアテが外れてしまったわけです」(皇室ジャーナリスト)

昨年11月に、日本を捨てNYに移住した小室夫妻ですが、NYでのセレブ生活は早くも終焉を迎えることとなりそうです。皆さんは、今後、小室夫妻の生活は、どうなると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

日本政府はなんとかごまかせるかもしれないけども日本の外務大臣は今は親中派の林防衛大臣だしそもそもアメリカの方が立場が上だし日本の要求は通らないでしょうね。

アメリカでのビザも相当厳しいみたいだし選択肢としては社長にしろというのも無理だろうし実質残された選択肢は小室圭がまたウィスコンシン州で学生をするか第三国という可能性が濃厚なのかもしれませんね。

 

One thought on “小室圭さん!”破産” 確定!皆様へ

  1. Илья Курьякин · Edit

    いっその事、🇳🇱のオラニエ家を頼れば?因みに、🇳🇱は第二次世界大戦中に本国がナチス・ドイツに、蘭領東印度諸島が🇯🇵に占領されて、国民は🇯🇵嫌いが多く、昭和天皇が訪欧した時は🇬🇧とか🇳🇱は反対デモが凄かったんだよネ。

    Reply

Leave a Reply