王冠を借りる!黒田清子さん!まさかの発表

 

 

『上皇さまが美智子様にかけられたお言葉…雅子さまや愛子さまへの態度やお引越し遅れや上皇さまとの二重の権力が浮上する中の世間の批判とは。』記事の一部を引用してお伝えします。

理由もなく一人の孫を避けてたら一般社会なら精神の病んだ人孫がたくさんいるおばあちゃんでも皆可愛い、その子にあった付き合いやどんな子でも自分の近くに来てくれると嬉しいそばに来て欲しい、と思うもの。

お二人が今も仲良く寄り添う事は喜ばしい限りです。上皇様が美智子様に苦言されたのも喜ばしいですね。でも後の事は天皇皇后両陛下に託されて余生静かにお過ごしくださいませ!

様々な噂が流れている皇室ですが、そんな中、上皇さまが美智子さまの小言について一言おっしゃったそうです。一体どういうことなのでしょうか。早速見ていきましょう。以下本文

上皇さまが87歳を迎えるにあたり予定されていた祝賀行事は、新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからない状況を受けコロナ渦で疲弊する国民に配慮する形で、全て中止となりました。宮内庁の発表によると、上皇さまは新型コロナウイルスの感染状況を日々気になされ、関心を向けられているといいます。

上皇さまはコロナ渦でも体調に変化はなく、上皇后美智子さまと穏やかな日々を過ごされているそうです。そんな中、上皇さまが、美智子さまに仰ったというお言葉が注目されています。上皇さまは美智子さまにどのようなお言葉を仰ったのでしょうか。新型コロナウイルスの影響で外出を伴うご公務が中止や延期される中この状況に対応しようと、皇室はオンライン化が進められています。

天皇皇后両陛下は今月12日、熊本県と鹿児島県の小学校などをオンラインを利用してリモートで視察されました。地元の子どもたちとも交流し、様々な話題を話し合い楽しい時間を過ごされていました。今回行われたご公務は、「こどもの日」の前後に、子どもの施設を訪れるという上皇さまがこれまで行ってこられたご公務を天皇陛下が引き継がれたものです。

陛下は、オンラインを公務に活用することの有効性を肌で感じられたご様子で様々な可能性を感じたと述べられていました。皇室で最初にオンラインを活用してご公務を行ったのはコロナ禍における水防災についての国際会議でした。宮内庁は、当初陛下がオンラインでご公務を行うことに、「両陛下のお気持ちが伝わりにくいのでは」と言う理由から消極的だったといいます。

しかし、実際に運用を開始するとオンラインの有用性に気付き始めているようです。天皇皇后両陛下は今年、九州の豪雨被害を受けた被災地と東日本大震災被災地のお見舞いをオンラインで行われました。オンラインでの被災地訪問は、現地に直接足を運び被災者と直接目を見ながら交流する場合と比べると、交流の質に差があるように感じてしまいますが、交通の便が悪く両陛下が訪れることが困難な場所にいる被災者らと交流するには非常に効果的に利用できました。

このように、天皇陛下と雅子さまは上皇ご夫妻から天皇・皇后の責務を受け継がれて現在まで令和の天皇・皇后として立派にその責務を果たしておられると思います。上皇ご夫妻も安心して任せられるとお感じなのではないでしょうか。上皇さまと美智子さまは、どのように出会われ、結婚されたのでしょうか戦後、皇太子のお妃を皇族や華族から選ばなければならないと定めていた皇室典範が廃止されました。

その後は、宮内庁などの関係者が結婚相手として相応しい女性を選ぶということになりました。ある時、お妃候補者の数が非常に多くなってしまったため、お妃選びに大変苦労したことがありました。なかなか相応しいお相手が見つからない中、最終的な候補となるのは、やはり旧皇族・旧華族の女性が有力とされていました。お妃候補の中には元皇族北白川宮永久王と祥子さまの長女・島津肇子さんもいました。

そんなある日、上皇さまはテニスをして汗を流されていました。テニスの勝負には負けてしまいましたがこの時勝った相手チームに日清製粉の社長令嬢、美智子さまがいらっしゃいました。美智子さまは、聖心女子大からお妃相手として推薦されていましたが民間人のため最終候補者のリストから外されていました。宮内庁のお相手選びが難航を極める中、上皇さまと美智子さまはテニスを通じて交際を始められていました。

 

さて、これについて人々はどのように反応したのでしょうか?。
ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

二重権威を、辞めたら,良い関係が、生まれるでしょうね、期待しております。

あの時の出来事覚えています.なのにあの優しさは何処へ…雅子皇后陛下.愛子内親王殿下をいじめ無いで.実母の母君が嫁や孫をいじめてるなんて天皇陛下はどんなにお心が痛む事でしよう

何を考えているのか上皇は今でもべたべたです88歳になり理にもべたつくこれでは現在の日本人から見るとや伐異です。

悪事がバレた今となっては過去のアレやコレも白々しく感じます。雅子様や愛子様より、キコ様や悠仁様に肩入れしているようにも見えますので…。

いつの時代もお母さんは息子の嫁に不満を持つものだ、私が生きている限り私が家中では上だと、お父さんが貴方にその位置を据えて譲ってやったのよ、、と息子夫婦にもマウンティングをとりがち、
時代は繰り返す一般論を言ったまでだが

上皇様の小言は、美智子さんには聞こえていません。老いからくる難聴ではないでしょうか❔
今度、拡声器のスピーカーの部分を美智子さんの耳元に当てて、大きな声でおつしゃつたら聞こえるのではないでしょうか⁉️

上皇の選択が、今の皇室の有様。上皇様、頑張っていただきたいです。現代の美福門院得子、健春門院滋子と化した御自分のお后を糾すことができるのは上皇様お一人なのですから。

前皇后様は歴史上最高の天皇を育て上げ、今上天皇様は最高のパートナーを選ばれ最高の姫様が育ち、本来なら歴史上最高の聖母様であるはずなのにどこで道をそれてしまったのか残念です!

Leave a Reply