米国に永久 入国禁止の 可能性大で 完全終了…

皆さんおはようございます。皇室のワダイ。どうぞよろしくお願いいたします。今回取り上げるニュースはこちらです。記事の一部を引用してお伝えします。今回新たに、小室啓氏に対するスクープが飛び出しました。その結果いかんによっては小室圭史米に永久入国禁止が言い渡される可能性も出てきたというところです。小室氏なぜアメリカに永久入国禁止の可能性が出たかというとビザを不正取得していたからにほかなりません。

そのビザを不正取得したことが小室警視がアメリカにもう二度と入れないよという可能性が出てきているというところなんです。本音に関してはちょっと順序立てて説明していきたいと思います。まず最近の小室警視の眞子さまどういう状況かというとまず小室警視来週の月曜日27日に帰国するものとみられています。

その後2週間の隔離を経て眞子さまと一緒に会計を行うとその会計に関しては事前に質問を集めておそらく眞子さまと小室氏が答えにくくないもの例えば逆にいうと答えにくいものを全部除外されるというとこです。

という形で予定調和な回に終わって結局何も国民はわからないまま諸経費のお子様はアメリカに飛び立ってしまうだろうと見られていると本当にふざけた話です。でなんでこのタイミングでなったかというと9月中旬に天皇ご一家の皇居へのお引っ越しの作業があるのでそこをずらしてさらにその眞子さまのお誕生日までに結婚ができるという流れ。

そういうスケジュールで組んで実行したというところらしいです。なのでここにきて猫小室啓氏が9月末に帰国して記者会見に臨むようとかその後10月にも婚姻届を提出して夫婦そろって渡米する意向らしいという話は実はこの件のタイミングで行われるのではないかというところが噂になっていたそうなんです。

そもそもこの結婚問題小室圭史の母親である小室痒しと元婚約者氏の金銭トラブル発覚で婚約が延期となって渦中の人だった小室圭史が米フォーダム大学に逃げてそれが2018年8月でした。約3年ぶりに帰国するとなるとメディアが殺到するってのは目に見えているわけです。

混乱を避けたい宮内庁側は当初小室圭史の帰国に決して前向きではなかったとこれ以上手を煩わせないでくれと帰ってきたりとかなんかするたびに苦情対応してるのは宮内庁なんだぞというところです。しかし眞子さまが小室圭史の帰国を強く望まれた経緯があるわけです。

そのために宮内庁は小室警視にこう問いかけたわけです。帰国となれば会見を開く必要に迫られるとその準備はできていますかと聞いたところ小室警視側からは何の返事もなかったと要するに会見が開かれるという話で進んでます

それはあくまで宮内庁が秘密裏とか水面下で進めているだけで当の小室警視はそれに対して何の反応も示してないやるかどうかもわからない直前だって逃げ出す可能性もあるそんな状況だという話らしいんです。しかもなぜ眞子さまが小室警視の帰国を強く望んだのかというとこれから。

眞子さまは赤坂の秋篠宮家を出て高級アパートなのかウィークリーマンションみたいなところに身を置くと考えられています。そこで警備は十分に熱するんでしょう。不安だと不安な材料をなぜかというと当たり前です。国民に対して裏切りのようなことをずっとしてるから自分にやましいことがあるから不安なんです。

だから早く帰ってきてほしいとさらになんなら小室家しか戻るときに一緒にニューヨークに連れててほしいとなぜならば1人でパスポートを取ることもできない場合なけれあれば飛行機に乗ることもできない何もできないお嬢様だからです。

あとはそういう不安があるから一緒にいてくれれば安心するということらしいんです。なんなんのってもうロミオとジュリエットじゃないしバカンス気分じゃねえんだよと連れに帰ってきてゼロからやることでたくさんあるし説明責任もあるしなんでそんなことに無駄な税金をたくさん使わなくちゃいけないんだよっていう本当にそれも腹立たしいというところです

会見もヤル気ないから結局来て何もせずに帰っていくだけということしかもそこに眞子さまが便乗していなくなって国民はどういうことをこれっていう形になる可能性もあるわけです。

この間でコミュニケーションは今年5月にフォーダム大学を卒業していてそれからそのときでも留学ビザが切れてますのでその間もどうやって過ごしているんだっていう問題もあります。今回の本題であるビザの不正取得っていうのは実は過去にあったことらしいんです。

しかもそれをコミュニケーションは自分で暴露しているというところです。早速それを掘り進めていきたいんです。小室圭史2012年にUCLAに留学してます留学時のビザ申請にあたっては残高証明を米国大使館に提出する必要があるわけです。

そこで小室痒しお金がないわけです。当然いつも元婚約者医師に集ってたからある程度の金額を口座に入れてそれを証明を送らなければいけないとどうしたかというと当時婚約中だった元婚約者私に200万円を小室返しの口座に送金するように依頼したと小室会社を巡る金銭トラブル400万円って言われてます。

実はその内訳のうち半分近くを占めているのがこの残高証明のための200万円だったわけです。この経緯に関して若者軽視が4月に発表した新小室文書の中でこのような説明をしています。十分な預金残高が必要であったことから母が元婚約者の方にお願いをして。

 

 

 

 

Leave a Reply