卒業式映像で 止まぬ疑惑ついに確定!?

先月3月にお茶の水女子大学附属中学校を卒業され、今月4月から筑波大学附属高校に通われることとなる悠仁さまですが、現在でも、中学校の卒業式に関するある疑惑が話題となっていますマスコミ報道では、悠仁さまは、3月17日にお茶中卒業式に出席されたと報じられているのですが、ネット上では、実際には、卒業式は18日に行われており、17日に悠仁さまが卒業式に出席されたというのは虚偽報道ではないか?と噂されているのです。

特に、現在では、次のような卒業式が17日に行われていなかったという証言に関する書き込みが拡散されており、卒業式は18日だったという見方がますます強まっています。

敬宮愛子様の会見は、H親王殿下の卒業式に重ならぬ様に、ワザと1日ずらして仏滅の17日にしたのですよね。

それをK妃殿下は「Hの卒業式だというのに愛子ちゃんの会見をぶつけて来て”」と激怒したのだそうですってね。

1週間経った後、西村長官が「私の調整ミスでした」と平身低頭謝罪したそうですね。

よくもそんな茶番劇を!西村長官はK妃殿下の小芝居がバレぬ様に、ワザと謝罪してみせたのでしょう。

私はお茶大に自転車で行ける距離に住んでいて、昨日門の中の守衛さんに確認したら、「中学卒業式は1週間前の金曜日つまり18日だった。17日ではない」との事でした。

さらに、現在では、お茶中でも緘口令が敷かれており、卒業式の日程について質問しても回答を拒否されてしまうようです。

テレ東の映像でも不自然な点が
このように、卒業式の日程に関して、虚偽の報道が行われているのではないか?という噂の信憑性が高まっている中で、テレ東BIZは、悠仁さまの卒業式でのインタビューを公開したのですが、このインタビュー映像に関しても「オカシイのでは?」といった疑問の声が上がっているようです。

テレ東BIZの悠仁様卒業ニュースを改めて見てみた。

お茶中の校門には日の丸は掲げられているのに「卒業式」看板が出ていない。

そして悠仁様がコメントした後、実に1分間も奇妙な空気が流れている。途中秋篠宮がボソボソ何か喋るが聞き取れず。悠仁様の足元謎アップ。親子で後ろの木を謎観察?

お茶中では日の丸掲げても卒業式の看板は立てないんですね、何かマスコミ総動員で嘘報道?ホントにおかしいわ。

実際の映像を見ていただければ分かるのですが、卒業式であるというのに、卒業式の看板も出ておらず、卒業生や保護者の姿なども一切見当たりません。

佳子さまや、眞子さん、愛子さまなどの卒業式では必ずと言って良いほど、卒業式と書かれた看板の前で記念写真を撮っているのに、悠仁さまだけこのような殺風景な場所でインタビュー映像を撮っているのはあまりにも不自然であるように思えます。

秋篠宮家の嘘にマスコミも騙された?
この不自然な映像に関して、ある皇室ジャーナリストは次のように感想や意見を語ってくれました。

「現在、ネット上では、悠仁さまの卒業式に関して、17日ではなく、18日に行われており、インタビューなども卒業式前に事前収録されたのではないか?といった噂がなされているようですが、今回、テレ東Bizが公開した映像は、こうしたネット上の疑惑を裏付けることとなったのではないでしょうか。

映像を見て、まず最初に疑問に思うのが、正門に卒業式の看板が立てられていないこと、それから、卒業式であるにも関わらず、卒業生も、在校生も、卒業生の保護者の姿も全く見当たらないということです。正直言って、こんな卒業式一度も見たことがありませんよ。

ここからは、あくまで推測という事になりますが、この映像は、学校が休みの日に、マスコミ関係者を学校に招き、在校生らの注目を浴びないようにひっそりと行ったのではないでしょうか。

当初は、マスコミも秋篠宮家や宮内庁が流す虚偽報道に加担していたのではないか?とも思いましたが、映像をみると、とりあえず、“卒業式当日は忙しくなるので”などと言い訳をして、インタビューだけ事前収録しておき、その後、17日に悠仁さまが卒業式に出席された、というニュースを流したという感じなのではないですかね。

もしかすると、マスコミも、宮内庁から言われるままに、何の疑問も抱くことなく17日に悠仁さまが卒業式に出席された、という情報だけ流したのかもしれません。

また、後半の部分の、悠仁さまが皇居や、武蔵陵墓地、上皇ご夫妻の仮住居を訪れた映像は本物でしょう。まあ、多くの国民のみならず、マスコミ関係者もまんまと秋篠宮家のウソに騙されたという可能性はあるでしょうね」(皇室ジャーナリスト)

 

 

では、果たして、何故秋篠宮家は、このような手の込んだ真似をしてまで、こうした虚偽情報を流そうとしたのでしょうか?

「秋篠宮家がこうした虚偽情報を流した最大の理由は、やはり、悠仁さまが卒業式の出席を拒否されたということだと思いますよ。

悠仁さまの学校生活に関しては、親しいご学友は一人もおらず、寂しい学校生活を過ごされたことが良く知られています。いわゆるボッチというやつですが、実は、小学校低学年くらいの時期には、あまりにも他のクラスメイトらとの交流が少ないため、“無視されているのではないか?”“いじめに遭っているのではないか?”などと週刊誌等で報じられるほどでした。

Leave a Reply