紀子さんの恐ろしい秘密 文書 「出自」が明らかに 本当に怖い、 普通じゃない

最後までご覧になったあと皆様の気持ちやご意見感想などをコメントに寄せていただけたら嬉しいです。それでは早速参りましょう。川嶋辰彦死去で、紀子が祖父母の過去隠ぺいか?川嶋家に勝手に養子!寺放火! ​​…記事の一部を引用してお伝えします。

元宮内庁の方のブログで、川嶋辰彦が入院して助からないと分かった紀子が、「出自」を隠す為に、祖父母の過去の資料を隠ぺいしていたそうだ!! 祖父母のチマチョゴリ姿や、朝鮮の親戚の写真が遺品で大量に存在か?

前列左から紀子、秋篠宮、川嶋舟後列左から川嶋和子(元・朝鮮総連勤務)川嶋辰彦元宮内庁の方たちのブログによると、川嶋辰彦・和子・舟・舟の連れ子のリコが、皇居(乗っ取った江戸城)に棲みつき、「悠仁の教育係」として、日本国民の税金から給料もらって暮らしている!!と。眞子と小室圭が税金にたかる手口は、母親の紀子と川嶋一家から学習したんだろう!!

小室圭と同じく、学習院のただの講師だった川嶋辰彦が、紀子が秋篠宮と婚約内定したとたん、ロイヤルパワーで3段階昇進で学習院「教授」に!!川嶋辰彦(紀子さま父)がパチンコ社長と韓国旅行!検察に操作された三井慶昭とは?新潟のパチンコ屋の在日韓国人と、しょっちゅう韓国に里帰りしていた!と大きく報道された川嶋辰彦!!

1紀子が秋篠宮と婚約が内定したので、静岡の北朝鮮人部落だったが、全く関係のない和歌山の庄屋「川嶋家」の勝手に川嶋辰彦が養子に入った!!
②朝鮮人の仲間の助言で、勝手に養子がばれないように紀子の婚約発表後に「川崎」から→「川島」に島を変えた!
③出自がバレないように、静岡の寺と、和歌山の寺が放火され、過去帳(家系図)が燃やされた!!
④静岡ではラブホテルとパチンコ屋だった!!↑元宮内庁の方のブログに、去年から出ていた証言!!紀子さま“祖父母の過去”を「隠ぺい」か「資料が消えた」と証言が相次ぐ

 

1。焚書という歴史

これまでに紹介した三つの焚書は、人類史上で起きた最も大規模で激しいものだ。だが、小規模なものは日常茶飯事のように起きている。今回紹介したいのは、紀子さまをめぐる不思議な事件だ。

2。たどり着けない皇室記事

週刊誌の皇室記事ほど当てにならないものはなかなかない。先週と今週で全く逆のことを言っていることもよくあるし、この期に及んでも、なおも秋篠宮家を称賛し続け、眞子さまと小室圭さんの結婚を前向きにとらえようとする。「週刊誌の背後には紀子さまのご意向が働いているのではないか?」という声も多い。

一方で、週刊誌の記事は、必ずしも秋篠宮家にとって都合の良い内容ばかりではないことも確かだ。たいていは想像力たくましいウワサ程度なのだが、中には事実を伝えているものもある。そういった記事が、いつのまにか消えてしまい、最初から存在しなかったことにされてしまっている――という話がしばしばある。たとえば、さる有名ブロガーのサイト(列外派星くず日記)には次のような驚くべき報告があった。

この隠匿された手記には何が書かれていたのだろうか? なんとその内容は、紀子さまの祖父が終戦期に北朝鮮のピョンヤン(平壌)に長期滞在していた思い出や、紀子さまの祖母がチャイナ服をお召しになっている写真がはいっている。多くの国民からすれば何ら問題のない内容であるが、一部の人からすれば「将来の天皇家となる秋篠宮家にとって都合が悪い」と感じることであろう。

誰かがこの記事を破いて「焚書」にしてしまったから、図書館の人は見つけられなかったのではないか――と考えても全く不思議ではない。事実、紀子さま関係の雑誌記事を収集していた、インデックスさん(女性天皇を支持する国民の会を主催)も、同じような経験があったとツイッター上で告白している。

3。実際にあった皇室焚書事件

はたして紀子さまを巡り、現代の「焚書」が今も続いているのだろうか? 元宮内庁職員で皇室ジヤーナリストの小内誠一さんに話を伺った。「皇室タブーに触れる雑誌記事などは、人知れず抹殺されてしまうことは今もあります。

たとえば病床の昭和天皇を特集した『女性自身』1988年10月11号は、陛下の写真を左右反転させたまま掲載してしまい、これが『着物の前合わせが左前』という“死に装束”を暗喩するものだったため大騒動になり、全面回収の後、廃棄処分されました。こういった騒動を受けて、この『女性自身』1988年10月11号は、国立国会図書館から紛失した状態になっています。関係者の誰かが隠ぺいしようとやったのでしょう。

今回報告された、紀子さま関連の記事が国立国会図書館から消えていた事件も、これと似たようなものかもしれません。消え失せた記事を集めることで、何か真実が見えてくるかもしれませんね」(小内誠一さん)なお、国立国会図書館の窓口に取材したところ「雑誌の盗難は頻繁に起きていていることは承知しております。今後は紙面のデジタル化を急ぎ、貴重な資料の保管に務めていきたいと思います」との返答があった。紀子さまの記事を処分し、隠ぺいしようとしているのは誰なのか?

紀子さんの実家の菩提寺の寺院が二軒とも放火で焼け落ちました。
檀家・信徒の法名・俗名・死亡年月日等を記録する過去帳も全て灰となりました。知られて欲しくない過去帳が有ったのでしょうか?、、、菩提寺に対して酷過ぎる!これはほんとうに罰当たりですよね。

小室親子もお亡くなりになった小室家のお墓参りに行かない。
両家ほんとうに同類!紀子さん(川島一族)の皇室入りがすべての元凶!
それを認めた上皇后!そして秋篠宮父親安西氏。この結婚は秋篠宮家皇籍剥奪追放は決定的となりました!

 

Leave a Reply