秋篠宮さまついに 河野防衛相、堂々発表!秋篠宮殿下のDNA鑑定を美智子さま拒否・・・との報!

 

1。秋篠宮殿下のDNA鑑定を美智子さま拒否・・・との報!
2。河野防衛相「旧宮家復帰ならば遺伝子検査は必須」
3。美智子さまの重いお言葉

秋篠宮殿下のDNA鑑定を美智子さま拒否・・・との報!
もしこれが本当の事であれば、やはり女性だな・・・と思ってしまいます。というのは、他の宮家はDNA検査結果で、皇室とは関係が無いことが分かっても、現状を維持すればいいだけですから、何ら困る事はないでしょう。

しかしながら、秋篠宮殿下は、人生の後半に入ります。今更、天皇家とは関係がないとなれば、これはこれで、大スキャンダル、秋篠宮家は一般人と何ら変わらないどころか、生活を維持する方法がないと思われます。しかしながら、天皇の血を引いていなくても、母親の実家も父親と言われる方も経済的には恵まれていますから、転がり込めば何とでもなりそうです。

さて、美智子上皇后の発言を「やはり女性」と言ったのは、目先の事を何とかしようとしてしまうからです。その発言が後にどんな影響が出るのかを、考えないで目先の事に即反応してしまう、女性特有の反応です。

これは、触れられては困る…と言う考えが先に立ち、それだけに反応してしまったと言えるでしょう。

秋篠宮殿下の件は、国民の間で様々なうわさが飛び交っています。その中の一つが、上皇様の子供ではないと言う噂です。もし単なるうわさであるのなら、美智子上皇后さまは、秋篠宮殿下のDNA鑑定を行いまず血の繋がりを証明すべきと思います。そうすれば、国民は納得し後継者として認めざるを得なくなります。

正当な血の繋がりが天皇陛下に対する国民の信頼である事を考えれば、DNA鑑定は早い時期に行うべきでしょう。鑑定に批判的な方々は、出来るだけ鑑定を引き延ばし、鑑定が出来ない方法を模索しているのでしょうが、それは無駄な事でしょう。既に上皇様のDNAは解析されているはずです。

もし、秋篠宮殿下が血の繋がりが無かった場合。単に美智子さまの子供トイだけの事になります。そしてその子供たちも一般人。タイにいると言われている子供も同様です。しかしながら、この話も「都市伝説」誰かが作り上げた話かもしれませんね。

2。河野防衛相「旧宮家復帰ならば遺伝子検査は必須」

とはいえ河野防衛相は、「男系による皇統維持を優先すべき」という立場だ。どうしてここまで保守派が攻撃するのだろうか?元宮内庁職員の小内誠一さんは「河野大臣が旧宮家の皇籍復帰案を否定したからでしょう」と推測する。旧宮家の男系子孫を皇籍に復帰させる案は、保守派が推す唯一の選択肢だ。もしこれが不可能となれば、皇統安定化のための解決策は、女性宮家・女性天皇・女系天皇しか残されておらず、いずれも保守派が反対しているものばかりだ。

ところで、なぜ河野防衛相は男系派であるにもかかわらず、旧宮家の皇籍復帰に反対するのであろうか?

Youtubeのライブ放送で、その理由を「旧宮家が今の天皇家からどこで分かれたかというと1400年代だ。600年間、[旧宮家の〕 男系が続いている保証はない」と述べ、「〔復帰するとなれば旧宮家の男系男子の〕染色体、遺伝子の検査をして、〔現在の皇室と]繋がっていないという話になるかもしれない。600年前の「旧宮家の〕方を元に戻して、本当に国民に受け入れられるかは議論がいる」としている。

男系による血統を至上命題ととするならば、当然、皇籍復帰の際にはDNA検査が必要になるに違いない。だが、もしDNA検査で男系のラインで繋がらなければ、どこかで不義の子が紛れていたことになるため「様々な問題」が起こることは容易に想像がつく。

3。美智子さまの重いお言葉

ところで皇室の皆様は皇位継承問題にどのようなお考えをお持ちなのだろうか?かつて上皇陛下は、平成の頃「ゆくゆくは愛子(内親王)に天皇になってほしい。だけど、自分も長く元気ではいられないだろうから、早く議論を進めてほしい」と側近に仰ったことは夙に知られる(奥野修司『天皇の憂鬱』新潮社、2019)優秀で温和な愛子さまのお人柄を知ってのご発言だろう。さる宮内庁職員は、次のようにかつての経緯を思い出す。

「平成の頃、当時の天皇陛下や美智子さまなどと皇位継承問題について何度も話し合いがもたれました.美智子さまが『旧宮家復帰となれば、DNA検査をするのでしょうか?』と問われ、『そうなる可能性はあります』と答えました。さらに『どのように?』と質問いただきましたので、『その段階にならないと解りませんが、男系を維持するためには、皇統を受け継がれる秋篠宮殿下あるいは悠仁さまと、復帰される旧宮家の方との検査になると思います』と答えました。

すると美智子さまは『皇太子(現、天皇)とではないのですか?』と驚かれ、少し考えた後『人を信じましょう。それこそが慈愛です。疑うことは人の心を貧しくします。どうしてもするというのなら旧宮家復帰案は難しいですね』と仰いました。ですから美智子さまは旧宮家復帰には難色を示されると思いますよ」(宮内庁職員)ここで、先のリチャード3世のDNA検査の一件が脳裏をよぎる。思えば温厚な天皇陛下に比して、秋篠宮家殿下は幼少時よりヤンチャで知られ、お二人は驚くほど似ていない。

 

 

One thought on “秋篠宮さまついに 河野防衛相、堂々発表!秋篠宮殿下のDNA鑑定を美智子さま拒否・・・との報!

  1. 昔と違い側室制度が廃止された現在、男系男子維持など不可能と思います。しかも血統を重視する男系男子派がDNA鑑定反対なのも理解できません。

    日本国民世論調査で、日本国民の8割は女性天皇、即ち、愛子天皇認めています。過去8人もの女性天皇存在したのです。
    安倍政権末期、男系男子派の青山議員が、男系男子維持賛同署名集めましたが署名したのは国会議員700名中40名ほど、わずか6%でした。安倍氏が署名簿受け取っている小さな新聞記事掲載されていました。

    日本国民8割も国会議員も女性天皇、即ち、愛子天皇認めているのです。

    日本人なら次の日本の統合の象徴は敬える方を望むはずです、利害関係者以外は!宮家、皇族にふさわしいとは思えない様々な行為疑惑報道されています。

    しかし愛子様認める日本国民世論8割の民意さえ無視続ける不思議な自民党政府です。選挙行きましょう!

    Reply

Leave a Reply