【速報衝撃今日!!】皇籍剥奪破談宣告

皇室ライターによると陛下は弟の秋篠宮殿下がかねて繰り返してきたことを踏襲し多くの国民が納得し喜んでくれる状況になることを願っていますというようなことをおっしゃったようです。陛下は国民の象徴としてあられるお方であり自ら眞子さまの結婚の自由について反対することなどできません。

あくまでも秋篠宮家の問題であり公私殿下にすべてをお任せするというスタンスを示されたと私は解釈します。しかしこれを結婚を認めるということだと解釈して報じているところもあるようです。ある意味そうなのかもしれませんが陛下は憲法にのっとり国民の象徴としていてくださる方で個人の結婚の自由を脅かすことなどできません。

そして会見の後小室さん側が母佳代さんの金銭トラブルの経緯について説明する準備を進めていると報じられました。小室さんは19年1月に金銭トラブルは解決済みとした文書を公表しましたが以降は公に言葉を発していません。昨年11月秋篠宮殿下が誕生日会見で結婚について認めるとおっしゃりながらも多くの人が納得し喜んでくれる状況ではないとの認識を示されました。婚約に当たる納采がどうなるのか。納采の儀を経ず半ば駆け落ち婚のような形に収まるのかはたまた秋篠宮家がハガンという決断を下すのか。

そしてもし本当に結婚された場合お二人の生活式に宮家の資金が流れるのではないかですとか皇室の利権を使ってお二人がビジネスを始めるのではないかとかそういったことが人々の懸念として挙がっていました。皇族とお近づきになりたいその意向にあやかりたいと考えている人間は意外に多いものです。ちょっとここで宮家の経済について触れたいのですが

皇室には製品差や身ぎれいさんというものが求められていますが宮家が通常の私的行為の範囲であればお車代や謝礼金の受け取りについて特に制約を設けられていないという状況にあります。宮家に関する金銭授受制限の運用は不透明です。宮家の場合は譲り受けも子も宮内庁総務課を通さなくてもよいことになっており仮に財産の義理があったとしても届出がなければ宮内庁がこれを把握するすべはありません。天皇家の財布という書籍には次のようにあります。

皇族へのこうした包み紙の実態は不透明である。定期連載に加え会場に出向くことへの労働の対価の意味があるのだろうからどこからが制限を加える健常なのかクリアの線引きはない。宮内庁は公式には公務への対価はないとの立場をとりお車代記念品代以上の金銭受領はないとしている。日当や名誉総裁職への報酬はあり得ないのだという。

宮さまは両団体の表彰式に出席しておりその対価と考えることもできたが宮内庁は返却してほしいとアドバイスし決着させた。特に秋篠宮家は多くの総裁職を御一家で分担しておられます。講師となったのにもかかわらず宮家皇族の立場であり続けることを求められたのもこれまでのような私的経済行為の範囲を狭めたくないからだろうと指摘する人もいます。

こういったことはある意味常態化している。宮家の中で眞子さまがどのような経済観念でお育ちになったかそれはわかりません。眞子さまと小室啓さんが結婚すれば小室さんは将来の天皇の義理の兄となります。将来の天皇である久子さまになんとか近づきたい皇室と良い関係を築きたいというものが民間人である小室啓さんにおいしいビジネスの話を持ってくることもあり得ないことではありません。

そして小室さんはそういったお話に対してどういうふうな対応をするかといえば多くの人々が同じような想像をするのではないでしょうか。過去には有栖川宮詐欺事件というのもありましたよね。皇族元皇族という立場への畏怖を利用したがるという人は意外なほどこの日本にたくさん存在します。お二人の結婚は結婚したからハイ終わりという問題ではありません。今後もずっと心配が残る問題です。

小室さんは自立してお金を稼ごうと必死に勉学に励んでいるのかもしれません。ただ少なくとも過去の経緯について多くの人々から不信感を持たれていた状況の中で眞子さまのフィアンセを名乗り最高待遇で留学したことは紛れもない事実です。陛下の言葉を報じた当この記事には次のようなコメントが付いていました。天皇陛下が関与される問題ではないと思うが天皇陛下も多くの国民が納得し喜んでくれる状況を求めたことは事実。

強引に結婚されれば間違いなく天皇制崩壊への道をたどるであろう。私自身はその方が国民への負担も軽減され良いと感じる。陛下も求めた。多くの人が納得し祝福する状況眞子さまと小室袈裟におかれては陛下のお言葉の意味をしっかりと受け止めてほしいと思います。では、このニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

 

大賛成!!無理矢理天皇陛下を引っ張り出してお言葉の超拡大解釈をして責任転嫁しょうとの企み、見事に巨大ブーメランになってハードルを上げてしまいましたね。これで結婚を強行すれば国民だけでなく天皇陛下の意向にも背く事ですから責任をとって皇籍返上しご一家で皇室から出て行って下さい。勿論川嶋ファミリーも連れて行くのをお忘れなく!

 

 

Leave a Reply