突然発表.悠仁さま「ヒステリー」は、佳子さま「荒ぶれ」による歪みか 腐りきった秋篠宮家

悠仁さま「性格異常」なのか?ここ数年ばかり、「悠仁さまは大丈夫なのか?」「本当に将来の天皇が務まるのか?」と心配になるようなニュースが次々と舞い込んでいます。筑附という進学校に進学された悠仁さまの成績が絶望的だったことが、『女性セブン』(2019.2.21号)によって暴露されました。小室圭さんと眞子さんの結婚問題や、秋篠宮家の無駄遣い以上に、こちらのほうが重大なのではないでしょうか?

またネットでは、悠仁さまは小学校の頃に「特別支援学級」にいたとの噂もありますが、こちらは裏付けがとれていません。さすがに、まさか皇族の方を「特別支援学級」に入れてこれを秘匿しておくことは困難だとは思いますが…。むしろ注目すべきは、このような噂が流れた背景でしょうか? というのも、悠仁さまに友達がおらず、ヒステリーを起こしやすい性格が、これら数々の噂を生み出したと考えられます。まず学校には友達がいないことは昔からよく知られています。

お茶の水女子大学附属小学校に2年生に進級なされた秋篠宮家の長男・悠仁さま。校内では、お友達からあまり遊びに誘われることがなく、仲間はずれに近い状態だという。ヒステリー行動の数々また自分の感情が思うようにコントロールできていないと思わしき行動が目につくようです。

「個人的に親しくされているご学友は見当たらず、帰宅されると職員がカードゲームの相手を務めている。負けると途端にご機嫌を損ねられるため、職員がわざと負けることもあるそうです。加えて、悠仁さまには教育係もいらっしゃいません」(宮内庁関係者)
また姉に対して「よろしくない態度」を取ることがあるとも報道されています。

「また、近頃は悠仁さまが眞子さまに対して、よろしくない態度を取られることも増えているそうです」(前出・別の宮内庁関係者)
また悠仁さまは学校に不登校状態であるとも報じられており、事実、2019年に仁さまの机に刃物が置かれた事件では、犯行時に悠仁さまは体育の授業で教室を離れていたのではなく、登校していなかったとの噂が駆け巡りました。この噂を補強するように、メディア各社の報道は二転三転し、混乱を呼びました。

悠仁さまの性格異常の原因は?このような悠仁さまの「特殊なご性格」、もしかしたら「留意すべき性格特性」までも疑わしめる行動の数々の原因は、必ずしも明らかになっていません。悠仁さまに関する報道は極めて少なく、愛子さま以上にその動向が不明なのです。

そんな中、悠仁さま「歪み」の原因として疑われているのが、佳子さまの「荒ぶれ」です。実は佳子さまは幼少期に、秋篠宮殿下から暴力を受けていたことが明らかになっています。「最近でこそなくなったようですが、佳子さまが小さいころには秋篠宮さまが時に手をあげることもあった。でも悠仁さまには決して手をあげないため、佳子さまが『なぜ私ばかりが』と反抗したこともあるそうです」

秋篠宮殿下から佳子さまは殴られるのに、悠仁さまは殴られない。これに佳子さま恨みを持っていたようです。一般論ですが、悲しいことに、虐待を受けた人は他の人を虐待してしまう傾向があるようです。

虐待行為が続けば続くほど、あるいは子供が成長するにつれて、アルコール依存、薬物依存、自殺願望などに結びつく可能性が高くなります。さらには虐待を受けた子供が親になり、次の世代である自分の子供に対して虐待行為を引き起こしてしまうこともあります。東京都福祉保健局「虐待かな?」と思ったら・・・。

負の連鎖という、悲しい現実暴力を受けたものは暴力をしてしまう危険性がある――。悲しい現実ですが直視しなければなりません。筆頭宮家という特殊な環境で、長年、父親から虐待を受けてきた佳子さまが、弟の悠仁さまを恨み暴力をふるってしまい、結果、悠仁さまの性格異常が引き起こされた可能性は高いでしょう。

そもそもバラック同然の小さなあばら家に産まれた按摩の孫が皇族になろうという野望を抱いて接近してきた時点で「無理です」とストップがかかって当然ですが、宮内庁の怠慢でまんまと入り込まれてしまいます。信子さまは「まるで納屋のようなところに産まれた子」と形容されたといいます。

あばら家から赤坂御用地に這い上がってきたものの、最初から、紀子には能力的に不可能な皇族の義務の数々を前にして、ぶち切れ、悪態をつき、舌打ちをし、職員を罵り、屈辱的な物のあだ名で呼び、ひたすら狂人になるしか、その皇族スタンダードを保持しないまま皇族の地位に居座ることなどできなかった、というのが、紀子の現実なのではないでしょうか?

複数外国語のマスター、とりわけ紀子の口にするパンパン英語ではなく、きれいなクイーンズイングリッシュの習得。和歌の素養、日本史世界史の深い教養、日本社会の人間関係を完璧に知ること等、一定の知能と社交能力、我慢が求められ、忍耐心がない人間では、皇族になれません。「皇族の務め」が果たせないからです。

この点で、文仁も紀子もほかの秋家子女も全員失格。「皇族の務め」が果たせない弱い頭しかないのに、「皇族待遇」だけは誰よりたくさんよこせと要求するので、常に国民の顰蹙を買うわけです。

これらの皇族の義務が果たせないとなると、これまた秋家全員、すぐにヒステリー発症してはちゃぶ台返しするのが定番になりました。紀子は、悠仁の発達障害を精神薬で抑え込み、健常児にみせかけ、東大へ裏口入学させられれば、皇統簒奪できるとまだ確信しているのでしょう。

Leave a Reply