突然発表..小室圭さん  「報道陣をガン無視…」 眞子呆然 狂ったように泣く

小室圭さん  「報道陣をガン無視…」 眞子呆然 狂ったように泣く…11月2日、小室圭さんは2日連続でカメラの前に姿を現した。NY州の司法試験に合格したあとということでテレビ局のカメラが一言もらおうと駆け寄ったのだ。「この度はおめでとうございました」「眞子さんとお祝いする時間はありましたか?」「秋篠宮ご夫妻にはご報告は直接されましたか?」「お母さまには報告はされたんでしょうか?一言いただけますか?」

自慢のロングヘアーをちょんまげ風に束ね、スーツ姿にノーネクタイ。シャツの胸元はざっくり開けてワイルドに颯爽と歩いていく。

「記者の問いかけにはすべて無視を貫いていました。耳にはイヤホンをつけていましたが、見えていない訳はなく、イヤホンを取ろうとも話そうともしない姿には何か強い意志を感じましたね」(スポーツ紙記者)

この“ガン無視”はこれが初めてではない。昨年9月、秋篠宮家の長女眞子さんと結婚する前もニューヨークでフジテレビのカメラに直撃された。

「このときも、翌月に皇族を妻にする人の態度ではないのではと批判を浴びました。しかしその後、眞子さまに苦言を呈されたのか、会釈などをするようになった。帰国後に結婚してまたアメリカに出発するまでは愛想よくしていたのですが、ここにきて再びあの“ガン無視”が復活するとは意外でした」(女性誌記者)2日発売の週刊文春によれば、TV局は迷惑をかけないよう代理人を通じて協定のようなものを結んでいたという。

だが、合格後に“正面”から取材を申し込んでも“取材に応じるつもりはない”と断ってきたので、もはや“協定の意味はない”として直撃したという。「とはいっても今回の直撃も迷惑にならないよう、各局で協力して代表カメラと記者だけで取材にあたり、映像を分け合ったんです。

各局の映像が同じだったのはそういう理由からです。マスコミ嫌いをあからさまに態度に出していますが、眞子さんのイメージまでもが悪くならないか心配です。元皇族とはいえ、天皇家と親戚であることには変わりない。

会釈したり、一言“ありがとうございます”といえばすべて丸く収まっていたはずが、“大人げない態度”と思われても仕方ないのでは。どんなときでも国民に寄り添ってこられた皇族の品位を汚すことにならないかと心配です」(ワイドショー関係者)

11月14日は、小室さんと眞子さんが二人でニューヨークに到着してからちょうど1年を迎える。小室さんはすでに大手法律事務所で法務助手として勤務し、多忙な日々を過ごしている。今後は登録手続きを経て、面接や宣誓式に臨み、年明けには正式に弁護士になるとみられる。

米国法曹協会のHPによると、NY州だけで18万7千人以上の弁護士が登録されている。日本全体でも弁護士は4万3千人ほどしかおらず、激しい競争にさらされる小室さんは今後、笑顔を見せることはないのだろうか…。

 

このときもイヤホンをしたまま、一瞥もくれずに記者をガン無視。片手はポケットに突っ込んだまま歩いていった。

この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

司法試験に合格したから文句を言われる筋合いはないし、一般人だから答える義務もないということでしょうか?本当の人柄が出ているという気がする。しかしロイヤルファミリーの末席に連なる者としてこの態度はどういう料簡なのかと疑わざるを得ない気がする。都合に応じて立場を使い分け、一般人だからインタビューに答える義務はないけど、美味しいとこ取りして公費で特別に優遇されているなら上から目線はあり得ないし、清廉潔白なイメージが求められる弁護士としてどうかと思いますね。弟一家はただでさえ不人気なのにこんな縁者がいてはこの先も敬愛されると期待する要素は薄いと思います。

一連の報道を証拠も示さずに、誤った情報がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられた謂れのない物語だと切り捨てた時と同様、立場を履き違えているのかと思います。少なくとも被害者ではなかったと思う。今までだって正々堂々と反論する機会はあったし、人々もそれを望んでいたと思う。まず国民の疑問に真摯に説明責任を果たすことこそ重要だと思います。自由になりたいと言って出て行った一般人夫妻をもはや担当を外れたはずの庁が公費を使っていろいろシミュレーションしてサポートしている意味が普通にわからない。これが構うなという意思表示であるならば、今後彼らからのサポート要請も全てスルーの構わずで良いと思いませんか?

 

一般人だしいちいち取材されるのが鬱陶しいのもわかりますが、将来の天皇の姉だからと手厚い支援を受けてきましたよね。収支の合わない生活を1年して、本当に自分達の資産だけでやり繰りしていたのでしょうか。資格を得る前から高い給与をもらっていたり、雇用を継続してもらっていたなら、それも将来の天皇の姉という肩書きに助けられていたわけです。一般人といっても、将来の天皇の姉として振る舞う必要があって、夫も最低限求められるでしょう。こうやってご夫妻が一般人として生活するのを望むのなら、公的なサポートはやめてそっとしてあげたらいいと思います。多くの国民もそれを望むでしょうし、皇室へのダメージも減るでしょう。

 

Leave a Reply