美智子さまが皇室の未来について雅子さまに一言…眞子さま反発で皇嗣家崩壊!??

今回は 『美智子さまが皇室の末来について雅子さまに一言···眞子さま反発で皇嗣『家崩壊』 という内容でお届けいたします。様々な問題を 抱えている皇室ですが、 そんな中美智子さまが皇室の未来について雅子さまに一言おっしったそうです。

一体どういうことなのでしょうか。 早速見ていきましょう。以下本文皇位継承が2名いらっしゃる秋篠宮家。長男·悠仁さまは、 次世代の天皇後継者として今後の皇室を担う存在です。長女·眞子さまの結婚問題や悠仁さまの教育問題などを抱えている篠宮家ですが秋篠宮さまと紀子さまがこれらの問題で口論になることがしばしばあるといいます。

ご両親の喧嘩が絶えない環境の中で 現在中学三年生となられ今後は
高校進学に向けて 世間の注目が集まる悠仁さまはどのようにお過ごしなのでしょうか。少し心配な 秋篠宮家ですが、 先日、 上皇后美智子さまが雅子さまに仰ったというお言葉が注目されています美智子さまは雅子さまにどのようなお言葉を仰ったのでしょうか。

悠仁さまは、 皇位継承者として必要不可欠な帝王学をこれまで学ばれてこられませんでした。一方天皇陛下は、 幼いころから将来の天皇としての教養を学ばれていらっしゃいました。

秋篠宮家は 「一般の家族と同じように暮らすことが大事」 という方針を お持ちでしたので、学校の勉強以外に特別な教養を身に付け
ることを何もしていなかったのですが。上皇さまの生前退位に伴い、 有識者の方々に 「家庭教師」 を依頼するようになりました。

秋篠宮さまは、 以前 「天皇に即位するための教育を受けていない」 という旨のご発言をされたことがありますが、兄である天皇陛下が帝王学を学ばれる中で、 兄とご自分との立場の違いを認識されて成長してこられました。

美智子さまも、 将来の天皇として大きな役割が期待されている兄には幼い頃はのびのびと自由に育てられ弟の秋篠宮さまとは異なる教育方針で育てられたといいます。幼いころから兄とは立場が違うことを認識しながら成長された秋篠宮さまは大学進学の際に、これまで皇族方が通れてきた学習院ではな<他の大学への進学を希望したといいます。

しかし、 希望通りにはなりませんでした。このように、 秋篠宮さまは、 皇族でありながら、天皇にはならないという立場を認識しながら成長されてこられた という経緯があります。秋篠宮さまが皇位継承順位1位の 「皇嗣」 となられたことを国内外に知らせる立皇嗣の礼が無事に執り行われました。

幼いころから、 将来天皇となることが決まっている兄とは立場が違うことを認識しながら今日までこられた秋篠宮さまご自身が、 天皇に即位する可能性があるということに、 焦りやプレッシャーを
感じておられるかもしれません。

紀子さまが帝工学について秋篠宮さまに尋ねようとすると兄を頼るように勧められていたといいますが、皇嗣となられてからは、 兄任せとはいかなくなったようです。帝王学の講義は悠仁さまに向けて行われますが秋篠宮さまも共に講義を聞かれて、 熱心に学ばれているといいます。

これまで帝王学を学んだことのない秋篠宮さまですので講義内容は新鮮で学ぶことも多いのではないでしょうか。以前上皇さまは、 海外の要人らから表敬を受けると、毎回日本の歴史や世界情勢についても深い見識を披露されていたといいます。天皇陛下は学生時代いつも、 日々の新聞で読んだ記事の内容について上皇さまに話さねばならなかったといいます。

その記事を通して記事のことだけでなく、 それ以外のお話も上皇さまに教えてもらいながら、幅広い知識を 学ばれていました。天皇陛下は、 幼い頃から 上皇さまから直接帝王学を学ばれその他にも日本の天皇の歴史や伝統、 そして天皇としてのあり方などさまざまな
素養を 学ばれてこられました。

このような天皇としての素養や教養は幼いころからの積み重ねが大事で即席で学べるものではありません。秋篠宮さまがこれから家庭教師による講義を受けて、上皇さまや天皇陛下と同様な知識や 見識が得られるのでしょうか。食べ物の好き嫌いを無くすため、 美智子さまは幼い陛下に対して、厳しく接してこられたといいます。

この記事皆さんはどう思われましたか。何かご意見がございましたらコメント欄に記入くたさい。愛子様は何も心配することはありません。 心穏やかに教養もありなさりようが天皇皇后両陛下を見本として常に頭に入っているこんなに素晴らしい愛子様将来愛子天皇としても恥ずかしくありません。

Leave a Reply